toggle
2020-12-21

大人の男性におすすめしたいメンズシャンプーの正しい選び方とは?

Last Updated on 2020年12月21日 by himeoryon-67

こんにちは。

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します。

腕を組む男性

男性は30代後半から40代にかけて頭皮や髪の毛に色々な悩みが出てくるかと思います。

毎日使うシャンプーは自分の悩みにあったものを選びたいと思うものの、どんなものが自分に適しているのかいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、

  • 大人男子の頭皮や髪の毛の悩み
  • 洗浄成分(界面活性剤)の重要性
  • 悩みにあった成分

について話していきたいと思います。

男性特有の悩みに適した正しいシャンプーを使いうことで健やかな頭皮環境と元気な髪の毛をキープしましょう。

ご相談はこちらまで!

大人の男性が悩む頭皮と髪の毛の問題と原因

頭を抱える男性

多くの男性は30代後半から40代にかけて様々な問題が出てきます。

フケやかゆみはもちろん、男性特有のセンシティブな悩みである薄毛や抜け毛も多くの方が気になるのではないでしょうか。

まずはそれらが起こる原因についてお話ししていきます。

薄毛の原因

加齢による男性の主な薄毛の原因は「AGA(男性型脱毛症)」であると考えられます。

まず髪の毛の成長には一定のヘアサイクルというものがあります。

  • 古い髪の毛が抜け新しい髪の毛が活発に育つ「成長期」
  • 毛乳頭細胞退縮し始め髪の成長が止まる「退行期」
  • 毛乳頭細胞の成長が完全に止まる「休止期」

以上の3つを1クールとして髪の毛は生え変わりを繰り返しているのですが、このヘアサイクルが乱れることで薄毛が進行していきます。

その原因となるのが男性ホルモンの作用です。

男性ホルモンである「テストロン」が体内の皮脂腺に存在する5αリアクターゼという還元酵素と結びつき「ジヒドロテストステロン」という悪玉男性ホルモンという物質に変化します。

このジヒドロテストステロンが毛母細胞に作用し、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

ヘアサイクルが乱れることで髪の毛は十分に育たないまま退行期を迎え、しっかりとした長さや太さまで育たなかった髪の毛が抜け落ちていきます。

細く短い髪の毛が増えていくことを髪の毛の軟毛化と言い、髪の毛の軟毛化が始まるとAGAが始まったことを意味します。

抜け落ちた髪の毛をよく観察してみてください。

例えば毛先が先細りになっているもの、他の毛に比べて細いもの、これらは軟毛化した髪の毛の可能性があり、AGAの可能性があります。

薄毛についてはこちらの記事をご覧ください。

白髪の原因

毛根で作られたばかりの髪の毛はメラニン色素が含まれておらず白髪の状態です。

毛根内に含まれる色素細胞からメラニン色素を受け取ることで髪の毛が成長するとともに黒い髪の毛となって生えてきます。

色素細胞がメラニン色素を作るには「チロシナーゼ」という物質を必要とするのですが、加齢や遺伝、生活習慣などの様々な要因で色素細胞の機能が低下しメラニン色素が生成されなくなったしまいます。

メラニン色素を受け取ることができずにそのまま成長してしまった髪の毛が白髪となって現れます。

白髪に関してに記事はこちらもご覧ください。

頭皮のかゆみやベタつき

頭皮のベタつきは皮脂の過剰分泌が考えられます。

シャンプーの際に余分な皮脂を洗い落とせていないため頭皮の皮脂を栄養とする「マラセチア菌」が増殖しベタつきの原因になっています。

ここで重要になってくるのがシャンプー選びです。

女性用のシャンプやトリートメント成分が多く含まれたシャンプーなど、あまりにも洗浄力が弱いシャンプーの場合十分に皮脂よごれを落とすことができません。

シャンプーをしたのになんとなくベタつくという方は洗浄成分の見直しをする必要があります。

とはいえ洗浄成分が強すぎる場合、頭皮が乾燥状態となりフケやかゆみを誘発します。

自分の頭皮環境にあったシャンプー選びが重要になってきます。

かゆみやベタつきはこちらの記事もご覧ください。

頭皮の臭い

全ての人の頭皮には頭皮環境を正常に保つために「マラセチア菌」という常在菌が存在しています。

頭皮環境を守るためにはある程度の皮脂は必要なのですが、たくさん汗をかき皮脂が過剰に分泌されるとこれを栄養とする常在菌が増えます。

必要以上の常在菌が増え活動が活発になることで多くの脂肪酸が排出されます。

この排出された脂肪酸が匂いの原因となり、さらにはその他の頭皮トラブルを引き起こします。

頭皮の臭いに関してはこちらの記事もご覧ください。

メンズシャンプーが与える効果

シャンプーされる男性

メンズシャンプーと言われているシャンプーには当然男性の悩みに特化した効果があります。

それぞれの悩みに対してどんな効果があるのかということを知ることでシャンプー選び選びの基準にしましょう。

育毛促進効果

薄毛に悩む男性に選んでいただきたいのはなんといっても育毛に効果のあるシャンプーです。

育毛効果に特化したシャンプーの効果とは頭皮に刺激を与えず、頭皮のコンディションをよくすることです。

洗浄力ばかりが強すぎたシャンプーは頭皮は乾燥させ、潤いを補うために皮脂を分泌します。

この悪循環を繰り返すことで頭皮環境は悪化してしまいます。

育毛効果のあるシャンプー剤を使うことで程よく頭皮の汚れを落とし、十分に保湿をすることで頭皮を健やかに保つことができます。

男性は洗い上がりがさっぱりしたものを選びがちですが育毛か効果のあるシャンプーかつ、低刺激なものを選ぶことで保湿をしながら頭皮を労わりましょう。

フケやかゆみを抑える効果

フケやかゆみが気になる方はメンズシャンプーの中でも殺菌成分である「グリチルリチン酸時カリウム」が配合されているものを選ぶことをおすすめします。

フケやかゆみが気になるからといってシャンプーのしすぎや洗浄力の強いシャンプーを使うことで頭皮は乾燥し刺激に敏感になり、フケやかゆみが発生しやすい状態になってしまいます。

メンズシャンプーの中でも程よい洗浄力と低い刺激性であるアミノ酸系シャンプーは、フケやかゆみの元になる頭皮の乾燥やそれによる皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

また、フケやかゆみの原因が乾燥の場合は、保湿成分配合のものを選ぶのも効果的です。

美容ブランドの販売するスカルプシャンプーには、保湿力の高いものもあるのでチェックしてみてください。

臭いを抑える効果

男性特有の臭いが気になる方は過剰な皮脂の分泌によってそれらをエサとする「マラセチア菌」という常在菌が増殖してしまいます。

そんな気になる臭いの元にも効果的なシャンプー選びが有効です。

特に注目すべき成分である「イソプロピルメチルフェノール」です。

「イソプロピルメチルフェノール」は制汗剤にも含まれる成分なので気になる頭皮の臭い予防に期待できます。

シャンプーに含まれる界面活性剤

シャンプー剤

シャンプー選びの際に肝心なのが、その成分のほとんどを占める洗浄成分である界面活性剤です。

頭皮の汚れを落とすことは重要ですが、頭皮環境によっては洗浄成分が強すぎるあまり状態を悪化させてしまう恐れもあります。

それぞれの成分を知ることで自分にあったものを選ぶようにしましょう。

石けん系

洗浄力が高く脱脂力のある「石けん系シャンプー」は、脂性の男性であればしっかりと皮脂汚れを落とすことができ頭皮環境の改善につながります。

しかし乾燥肌やアトピー肌の男性には感想を悪化させる危険祭があるため不向きです。

石けん系のシャンプーは強い洗浄力のため頭皮環境を正常に保つために必要な皮脂まで洗い流してしまい、過剰に皮脂を分泌させてしまいます。

過剰な皮脂の分泌により頭皮環境は悪化し、薄毛につながる危険があります。

また、乾燥によって紫外線の影響を受けやすくなることで体内に活性酸素が生成されやすくなります。

生成された活性酸素は体を酸化させ毛母細胞の機能を低下させてしまうため、メラノサイトの働きも鈍くなり白髪になるリスクが高まります。

高級アルコール系

一般的に市販で売られていシャンプーに多いのがこの「高級アルコール系シャンプー」です。

特徴としてして程よい泡立ちと強い洗浄力のため、脂性肌や髪の毛がベタつきやすい方にはオススメですが、頭皮が敏感な方や乾燥肌の方は注意しましょう。

強い洗浄成分である「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウリル硫酸アンモニウム」は頭皮への残留性が高いというのも避けたい理由でもあります。

また、タンパク質の変性作用を持っているため、髪の毛が硬くなったりごわつきやすくなるという危険性があります。

ベタイン系

頭皮が乾燥しやすい方は「ベタイン系シャンプー」を使いましょう。

植物由来で肌にも優しくしっとりとしたマイルドな洗い上がりで、目に入ってもあまりしみたりしないのが特徴です。

成分表示に以下のものが記載されているものであればベタイン系シャンプーです。

  • コミドプロピルベタイン 
  • ラウロイルプロビルスベタイン
  • ココアンホ酢酸

洗浄力は弱めであるため、最初の予洗いを入念にしましょう。

アミノ酸系

頭皮がかゆくなりやすい、ベタつきが気にある方、トータルで頭皮環境のバランスを考えるのであれば「アミノ酸系シャンプー」選ぶようにしましょう。

一般的なシャンプーを使ってこれらが気になるかたはご自身の頭皮に対して洗浄力が強すぎる可能性があります。

程よい洗浄力が特徴のアミノ酸系シャンプーを使えば低刺激かつ健やかな頭皮環境を保つことができます。

アミノ酸系シャンプーの洗浄成分はいくつかありますが以下のもが成分表示に記載されているものをお勧めします。

  • ラウロイルアラニンNA
  • ココイルメチルアラNA
  • ココイルアラニンTEA
  • ラウロイルサルコシンNA
  • ココイルサルコシンNA

まとめ

今回はメンズシャンプーについて解説させていただきました。

最後に内容をまとめていきます。

  • 男性特有の悩みを解決するにはメンズシャンプーを使うことが効果的
  • 自分の悩みにあったものを選ぶことの重要性
  • 選ぶ基準として洗浄成分を理解する

これらをきちんと理解することで頭皮環境を健やかに保つために最適なシャンプーを選びましょう。

カット(炭酸シャンプー付き) ¥7,700

メンテナンスカット(刈り上げ・毛量調整) ¥3,300

男性専用ヘッドスパ(30分コース) ¥5,500

お悩みご相談はこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です