toggle
2021-10-08

髪の乾燥に悩む30代男性必見【その原因と簡単な改善方法とは?】

Last Updated on 2021年10月8日 by himeoryon-67

こんにちは。

青山・表参道エリアにてメンズ専門美容師をやっております加藤亮平と申します。

腕を組む男性

「20代の頃に比べて髪の毛がパサパサになったような気がする。」

こんな風に手触りや見た目による髪の乾燥が気になっている30代男性も多いのではないでしょうか?

パーマやカラーをしてい痛んでいるわけではないのにどうしてか不思議ですよね。

髪がパサつくとまとまりも悪くなりスタイリングに時間がかかるだけでなく、そのまま放っておくと男性にとって大きなデメリットもあります。

そこで今回は、

  • 髪が乾燥する原因
  • 髪の乾燥を改善する方法
  • 髪が乾燥することで起こるデメリット

についてい話していきたいと思います。

髪の乾燥が気になる男性は是非参考にしてみてください。

お悩みご相談はこちらまで!

髪が乾燥している状態とはどういう状態?

頭を抱える男性

髪の毛が乾燥している状態というのは見た目でもパサつきや広がりが目立ち、ツヤもなく、明らかに髪に水分が行き届いていない状態のことを言います。

そもそも髪の毛というのは髪の内側と外側から乾燥によるダメージを受けます。

内側から乾燥する原因としては栄養バランスの乱れや睡眠不足、加えて体内の水分バランスの低下などが考えられます。

外側のダメージに関してはエアコンやドライヤーそして紫外線、外の寒い外気で乾燥などが挙げられます。

さらに髪の毛というのは頭皮や髪が乾燥して十分な水分や栄養が行き渡らないと、キューティクルが剥がれてしまい、水分がなくなります。

これによって髪は乾燥し、見た目にも潤いはなくなり、指通りも悪くなります。

30代男性の髪が乾燥している4つの原因

4

お勤めの男性であればカラーやパーマをしていないという方も多いと思います。

なのになぜ髪の毛が乾燥するのか気になりますよね?

ここでは30代男性の髪が乾燥してしまう主な原因を4つご紹介していきます。

<①ストレス>

男性の場合30代というのは仕事において社会的地位があり、それに伴って大きな責任負っている年代になります。

このような状態になると知らず知らずのうちにストレスが溜まり髪の毛に悪影響を与えます。

ストレスがたまると血圧などをコントロールしている自律神経が乱れてしまい、血管を凝縮させます。

その結果、血流が悪くなり髪の毛に十分な栄養が行きわたりにくくなり髪が乾燥してしまいます。

<②シャンプー後のケア>

シャンプーの後、おそらく多くの男性はタオルでゴシゴシと力を入れて髪を乾かすと思います。

もちろんドライヤーの前にある程度水分を取ることは大事ですが実はこの行為、危険な行為でもあるんです。

髪は濡れるとキューティクルが開いた状態になっているため非常にデリケートな状態と言えます。

その状態で力一杯タオルでこすりわせてしまうと、髪の毛同士の摩擦によってキューティクルは剥がれてしまい髪はパサつきやすくなってしまいます。

また、キューティクルが剥がれることで髪の毛内部のタンパク質が流出し、毛髪内部が空洞になることで通常よりも乾燥しやすくなりパサつきが進行する恐れがあります。

<③ヘアケアをしなくなる>

30代男性の場合シャンプーの後にトリートメントやコンディショナーを使っていないという方も多いのではないでしょうか?

もちろん極端に髪の長さが短い男性が使ってしまうと頭皮についてしまうことで頭皮環境の悪化につながる恐れがあります。

とはいえとトリートメントやコンディショナーなどを使ったヘアケアというのは、カラーやパーマによって生じたダメージを抑えるものだけではなく、乾燥やゴワつきを抑えるためにも有効です。

シャンプーの後のヘアケアにはタオルドライやドライヤーによるダメージを防ぎ補う効果があるだけでなく髪の内部に栄養を浸透させることで水分や潤いを補いパサつきを抑える効果があります。

まとまりが出ることで収まりが良くなり、スタイリングの時短にもつながります。

<④頭皮ケアを重要視しなくなる>

髪の毛の乾燥はヘアケアが足りていないと思われがちですが、頭皮のケアも重要です。

そこで一番気をつけたいのが毎日使うシャンプーの選び方です。

20代の頃はこだわっていたシャンプー選びもだんだんとコンビニやドラッグストアで買えるものになってきていませんか?

もちろん市販で購入できるシャンプーが一概に悪いというわけではありません。

重要なのは頭皮環境にあっているかどうかです。

一般的なドラッグストアで購入できるシャンプーには洗浄力が強いものが多いです。

自身の頭皮環境に合わない洗浄力の強いシャンプーを使うことで皮脂を過剰に落とすと、外部刺激を受けて頭皮に炎症が起こるだけでなく水分が失われて乾燥します。

頭皮は乾燥し保湿成分が失われると血行不良を引き起こします。

頭皮の血行が悪いと髪の毛に必要な栄養が供給されなくなってしまい、髪がやせ細るだけでなくパサつき艶が出なくなることでゴワつきの原因になります。

男性の髪の乾燥は薄毛のサイン

椅子に座男性

「別に髪の毛が乾燥しているだけならそのままでもいいのでは?」

このように思う男性もいるかもしれません。

とはいえ髪の乾燥をそのまま放っておくと薄毛につながる恐れがあるのをご存知でしょうか?

そもそも髪の毛が乾燥している状態というのは髪内部の水分が無くなっている状態を指します。

なぜこのような状態になるのかというと、髪表面にあるキューティクルが何らかのダメージによって剥がれてしまい、髪の中にある水分が髪から流れ出てしまうことで起こります。

さらに水分が抜けると髪の主成分であるタンパク質も壊れやすい状態になってしまい、水分同様外へ流れ出ます。

結果的に水分とタンパク質が減った髪の毛はスカスカになり細くなることで抜けやすい状態へとなってしまいます。

また、髪の毛が乾燥している状態というのは頭皮も乾燥している可能性があります。

頭皮の乾燥もまた血行不良などによる抜け毛や薄毛を引き起こす原因になります。

つまり髪の毛が乾燥というのは薄毛の危険性があるということです。

お悩みご相談はこちらまで!

髪の乾燥を改善する3つの方法

3

薄毛の原因にもなりかねる髪の乾燥はどうしたら改善することができるのでしょうか?

今日から自宅でできる3つの方法をご紹介していきます。

<①シャンプーを変えてみる>

一般的にドラッグストアで市販されているシャンプーの多くは比較的洗浄力が強いものが多いです。

もちろん市販されているシャンプーが一概に悪いというわけではありません。

とはいえ洗浄成分が強いということは髪の毛に必要な潤いまで洗い流してしまう可能性があります。

特に乾燥している髪はダメージを受けやすくなっているためさらにパサつきを加速させる原因にもなりかねません。

また、髪の乾燥は頭皮の乾燥によって起こります。

同じように洗浄力が強いシャンプーで洗い続けると頭皮のバリア機能を保つために必要な皮脂まで洗い流してしまい頭皮を乾燥させ血流の悪化を招きます。

もしシャンプーの後に髪がキシキシする場合や頭皮がかゆかったり突っ張った感覚がある場合は洗浄成分が頭皮や髪にあってなく、強い可能性があります。

まずは自分にあったシャンプーを選び必要な潤いを残すということを心がけましょう。

シャンプーに含まれる洗浄成分についてはこちらの記事も是非参考にしてみてください。

<②ヘアケアを見直す>

カラーやパーマをしていなくとも、シャンプーの後のヘアケアは重要です。

ヘアケアというとカラーやパーマをしている人がするものとイメージされる男性が多いかもしれませんがそんなことはありません。

トリートメントには髪の毛内部に水分や潤いを浸透させ閉じ込めることでダメージを補修効果があり、コンディショナーには髪内部の水分やたんぱく質の流出を防ぐコーティング効果があります。

また、乾燥によるゴワつきや広がりを抑える効果もあるため毎日のスタイリングの時短にもつながります。

また、トリートメントの中にはシャンプーの後につけて洗い流すタイプのものもありますが洗い流さないタイプのものもあります。

洗い流さないタイプは保湿効果があるのはもちろん、トリートメントをつけたままにしておけることでコーディング力を高めることもできます。

そのためスタイリング剤の代わりとしても使えるため適度なツヤとまとまりが欲しい方にはおすすめです。

男性におけるトリートメントの重要性についてはこちらの記事も是非参考にしてみてください。

<③頭皮ケアを見直す>

髪のパサつきは頭皮が乾燥することでも起こってしまうためヘアケアだけでなく頭皮ケアも重要です。

頭皮環境にあったシャンプーを選ぶということも重要ですが、ここでさらにもう一手間オススメなのが頭皮ローションを使った頭皮の保湿です。

頭皮の保湿ローションの存在は知っていても、実際に使ったことがある男性は少ないかもしれません。

頭皮ローションには潤いをプラスすることで乾燥を防ぐ効果があるだけでなく、フケやかゆみを防ぎ頭皮環境を健やかに維持する効果があります。

頭皮の臭いの原因になる雑菌の繁殖を防ぐ効果もあるため、大人の男性としての身だしなみを維持あ売るために効果的なケアであると言えます。

頭皮の保湿についてはこちらの記事にも詳しくまとめていますので是非参考にしてみてください。

まとめ

今回は髪の毛の乾燥についてお話しさせていただきました。

年齢とともに髪のパサつきが気になり始めた30代の男性は、仕事の忙しさや結婚による生活環境の変化によって20代の頃に比べヘアケアに対して意識や時間を割くことが難しくなっているのではないかと思います。

改善する方法として、まずは毎日のシャンプーやトリートメントを見直してみましょう。

ちょっとした所に気を配るだけで髪や頭皮の状態は良くなる場合があります。

髪の乾燥が気になる男性は是非参考にしてみてください。

骨格矯正カット ¥7,700

男性限定ヘッドスパ ¥5,500

メンテナンスカット(刈り上げ・毛量調整) ¥3,300

お悩みご相談はこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です