toggle
2019-11-26

30代40代メンズ必見!健康な頭皮の為の正しいシャンプーの仕方

こんにちは加藤です!

突然ですが美容室のシャンプーって気持ちいいですよね?

僕も美容室行くときの一つの楽しみです。

今回は美容師が営業でやっているシャンプーの仕方のコツをご紹介いたします。

まずお湯で流す前、お風呂に入る前に女性で髪の毛の長い方は軽くブラッシングすることをお勧めします。

ブラッシングすることで毛の絡まりを取り、シャンプー中の余計な摩擦を抑えることとができ、ざっと汚れ、埃を落とすことができます。

次にお湯でしっかりと髪の毛を濡らす。

この段階でも毛先の汚れをある程度落とすことはできています。

男性でワックスがしっかりついている方はワックスの油分が水分をはじいてしまうので、一度濡らしたら軽くシャンプーを毛先に泡立てて、もう一度流してください。

次にシャンプーをつけていきます。

ここで一番のポイントなのが、しっかり濡らした髪の水分を少しとる。

そう、ここがポイントです。

シャンプーは水分と空気が混ざることで泡立つのですが、水分量が多すぎるときめの粗い泡になります。

しっかりシャンプー、空気、適度な水分、を揉みこむ事によってきめの細かい泡を作ります。

美容室のシャンプーが気持ちいのはきめの細かい泡で洗っているから、というのもあります。

そしてシャンプー。

この時に意識することは、髪の毛を洗う、というより、頭皮を洗うということです。

髪の毛にはワックスだったり、汚れ、埃、匂いなどたくさんついてます。

毛先の汚れというのは、最初のブラッシング、お湯、流れてくるシャンプーの泡で十分落ちているんです。

逆に髪の毛が汚れているからといって髪の毛をゴシゴシこすり合わせると、摩擦によりダメージが出やすくなったり広がりやすくなったり、髪の毛への負担がかなり大きくなってしまいます。

頭皮を洗う意識の中でも、指を立てすぎると爪で傷がついたりしてしまうので、腹の部分を当ててしっかりこすって毛穴の汚れを掻き出すイメージで洗っていただくといいかと思います。

補足にはなりますが、毎日シャンプーをしているのに頭が痒い、脂っぽい気がするなどの症状がある場合はシャンプー剤その物が、頭皮の状態に合っていないという場合があります。

これからの季節、空気が乾燥してくるので頭皮も敏感な状態になってきます。

もしいつも使ってるシャンプーに異変を感じたら一度美容師さんに相談してみてください。

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤 亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です