toggle
2020-12-31

美容院でのおまかせはアリかナシか?いつも髪型に悩むメンズ必見です

こんにちは。

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します。

腕を組む男性

美容院に行って髪型をどうしようか悩んだ経験はありませんか?

特にこれにしたいという髪型はなかったり、自分がどんな髪型が似合うのかもいまいちわからなかったりしますよね。

そこで今回は、

  • 美容院でのおまかせはアリなのか
  • おまかせするときの注意点
  • おまかせでと言われたときの美容師の気持ち

についてお話ししていきたいと思います。

いつも髪型に悩んでしまう男性は是非参考にしてみてください。

お悩みご相談はこちらからもどうぞ!

美容院でのおまかせはアリ?それともナシ?

結論から言うと「アリ」です。

ただしこれにはある程度押さえておくべきポイントがあります。

極端な例ですが、おまかせだからといって坊主に近いような短いスタイルにされるとびっくりしますよね?

それぞれにおまかせといっても「最低限このくらいの長さがいい」と言うイメージがあると思います。

「おまかせ」でオーダーする際は最低限のイメージを持ってオーダーをすることが重要になってきます。

アリな場合

<①ある程度の長さは決めておく>

例えば「前髪の長さはこのくらいがいい」や、「耳周りの長さはこのくらいがいい」など、全体の長さではなくポイントで「ここはこのくらいの長さがいい」というようなオーダーをしましょう。

その長さを目安に逆算して全体的にバランスのいいスタイルに仕上げることができます。

<②長さで伝えない>

写真や画像を提示してイメージを伝えましょう。

この時やりがちなのが自分の頭にはこんな感じと言うイメージはありつつも、具体的な長さで伝えるのは危険です。

例えば「前髪を1センチ切ってください」とオーダーしたとします。

この具体的な長さの感覚というのは人によって大きく違う場合があります。

実際切り上がりが思ったより短かった、長かったという経験をされてことはありませんか?

具体的な長さを伝えるのではなく見た目のイメージを伝えた方が伝わるという場合もあります。

<③信頼できる美容師さんに頼む>

いつも同じ美容師さんに担当してもらっている場合や、付き合いの長い美容師さんであれば、おまかせもいいかと思います。

ある程度の関係性があれば「好きな雰囲気」や「こんな感じが好き」をわかってくれていると思うので、ちょっとだけ自分の意思を伝えることで、似合うスタイルを提案してくれるかと思います。

ナシな場合

<①初めての美容師さんの場合は危険>

初めての美容院や初めて担当する美容師さんの場合は危険です。

初めての場合、お客様の趣味趣向などどんな雰囲気やスタイリが好きかまだわからない状態です。

来店する前にその美容師さんの作るスタイルをお店のホームページやSNSの投稿などで見てから来店される方も増えてきてはいますが、いきなりのおまかせはなるべく避けた方がいいでしょう。

<②「最低限」を伝える>

おまかせするといっても最低限これだけは嫌だ、と言うことを伝えましょう。

例えば最近多くの男性に人気のツーブロックや刈り上げスタイルですが、おまかせといってもフェードカットのように地肌が見えるような刈り上げにされると仕事に支障が出てしまうような方もいらっしゃるかと思います。

最低限、「ここはこのくらいの長さにしてほしい」や「刈り上げはしないでほしい」など、避けるべきポイントだけは伝えることをおすすめします。

<③悩んでいる場合はやめておく>

髪型に悩んでいる場合、どんな髪型にしようか悩んでいる場合でのおまかせならいいと思うのですが、「短くはしたくない」と言う気持ちが少しでもある場合のおまかせだと短くカットされてしまう可能性があります。

当然ではありますが、短く切った髪の毛は伸びるまで時間がかかります。

切り過ぎてしまった場合お直しをするということもできなくなってしまうので、あまり短くしたくない場合のおまかせはやめておきましょう。

おまかせする時のポイント

電球

おまかせをする時のポイントは、まずどのくらいの長さまで短くしていいかということをはっきりと伝えるようにしましょう。

前髪だけとってみても「下ろす・立ち上げる」だけでも長さは変わってきますし、見た目の印象も変わってきます。

また、こうしてほしいではなくこれだけはやめて欲しいという要望は伝えるようにしましょう。

「耳は出さない」・「刈り上げはしない」・「ツーブロックしない」などここだけは譲れないという点を伝えることで、美容師も最低限のラインを把握することができます。

おまかせをオーダーされた時の美容師の気持ち

カットされる男性

おまかせとお客様からオーダーされると美容師はどういう気持ちなのか?

これは正直にいうとすごく嬉しいです。

ずっと指名で担当させていただいているお客様の場合は信頼をおいていただいている証拠ですし、初めて担当させていただけるお客様だったとしてもきっと何か変わりたくてオーダーをしていただいている、期待に応えたいと思うことができるからです。

美容師がお客様からいただくおまかせとは、「なんでもいい」ではなく「自分に一番似合う髪型にしてください」という意味合いが込められていると思っています。

これらの意味も込めてお客さまからのおまかせは嬉しく感じるとともにより一層の気合が入ります。

まとめ

髪型に悩んでいる時の「おまかせ」オーダーはある程度条件があればアリです。

そしておまかせとオーダーすると迷惑かと思うお客様もいらっしゃるかと思いますが、美容師としては嬉しく思います。

そんなお客様の期待に応えたいと美容師側は思っていますので、もしおまかせとオーダーする際は以下のことに注意をしましょう。

  • 長く担当している美容師さんにお願いする
  • 大体の長さは決めておく
  • これだけは嫌というポイントを伝える

髪型に悩む男性は是非参考にしてみてください。

カット(炭酸シャンプー付き) ¥7,700

メンテナンスカット(刈り上げ・毛量調整) ¥3,300

男性専用ヘッドスパ(30分コース) ¥5,500

お悩みご相談はこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です