toggle
2019-11-26

すきバサミについて〜

こんにちは加藤です!

今回は美容師が使ってるハサミについて!

まず美容師が使ってるハサミのことをシザーと言います。

このシザーにはいくつか用途によって種類があります。

〜濡れている髪を切る用〜

〜乾いた髪を切る用〜

〜量を減らす用〜

今回は男性のカットだとよく使われる、量を減らす用のハサミ=すきバサミについて少しお話しします。

まずこのすきバサミのことを美容師は、

セニング

と呼びます。

たまに市販でも売ってたりするのでみたこともあるかたもいらっしゃるかと思うのですが、こんなハサミです。

歯が等間隔にギザギザになっているハサミですね。

この隙間の間隔は用途によって様々で間隔の広いもの間隔の狭いものとあります。

例えば間隔の広いもの。

間隔の狭いもの。

間隔の広いものと狭いものの違いは、一度の開閉で切り落とすことのできる毛の量です。

広いほうが一度にたくさん、狭い方はちょっと、ザックリいうとこんな感じになります。

セニングは量を減らすのはもちろんですが、質感を調整するのにもつかわれます。

毛流れだったり柔らかさだったり。

髪の毛のどの辺の毛に鋏を入れるかで用途、ハサミの選び方も変わってきます。

先ほどチョロっとお話しした市販でもたまに売ってるという話なのですが、男性の方で、自分でセニングを買ってすいたら穴が空いてしまった、、、

こういう方たまにいらっしゃいます。笑

一般的に市販で見かけるこのセニングは、歯と歯の感覚が広いものが多いんですが、それを毛の量が気になるからといってあまりガシガシ切ってしまうと髪の毛がすかれすぎてそこだけ穴が空いてしまった状態になってしまいます。

長さは気にならないけど量だけ気になるって時も、カットのタイミングかと思いますので、是非美容室に行くことをお勧めします。

今使ってるハサミはセニングで、どういう意図で、髪の毛のどの辺を切っているのか?

美容室に行った際は美容師さんに聞いてみるとお面白いですよ!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤 亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です