toggle
2020-09-30

男性に勧めるスタイリング剤の使い方!髪型が決まるスプレーの可能性

こんにちは!

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します!

髪の毛が細い方や軟毛の方は朝時間をかけてスタイリングした髪型を一日キープさせるのはなかなか難しいんではないでしょうか?

パーマをかけて動きを出したりボリュームを出すのも一つの手ですが、スタイリング剤の選び方や付け方でキープ力は大きく変わります。

ワックス、ジェル、グリース、ジェルワックスなど、最近ではたくさんスタイリング剤がありますが、意外と注目されていないのが『ヘアスプレー』

そこで今回は、

  • ヘアスプレーがオススメな理由
  • ヘアスプレーの種類と選び方
  • ヘアスプレーの正しい使い方

についてお話していきたいと思います。

意外と使う人が少ないヘアスプレーですが、メンズのスタイリングにおいての重要性を知っていただけたら嬉しいです。

お悩みご相談はこちら!

男性のスタイリング剤としてヘアスプレーをオススメする訳

まずはじめに。

男性のみなさん、ワックスやジェル、グリースなどお気に入りのスタイリング剤って一つや二つありませんか?

特に男性は女性と違って『昔から同じものを使い続けている』という方も多く一度使い始めたらあまり他のものに変えない方も多いですよね。

髪型を一日キープするためにスタイリング剤を沢山つける。

気持ちはすごくわかるのですが、ワックスは油性=油であるため重く、せっかく立ち上げたいトップや前髪であってもつけすぎることでペタンと潰れてしまうんです。

ここで少し話を戻しましょう。

お気に入りのスタイリング剤の中にヘアスプレーってありますか?

いつも使う気に入りのワックスはあってもお気に入りのヘアスプレー、ましてやヘアスプレーを使っているという方は意外と少ないように思います。

実はこのヘアスプレー

ワックスと違い油分を含まず樹脂で固めるため、ワックスを使ってスタイリングした髪型を一日キープすることにとても適しているんです。

ワックスを使ってスタイリングした後は是非ヘアスプレーで仕上げることをオススメします。

スタイリング剤としてお勧めするヘアスプレーの種類と選び方

男性のスタイリングにおいてヘアスプレーは大きく2種類に分けることができます。

自分の今のヘアスタイリルにはどちらのタイプがあっているのかチェックしてみてください!

ハードスプレー

朝ワックスを使ってスタイリングした髪の毛を1日キープさせたい方はこの「ハードスプレー」がおすすめです。

トップの立ち上がりや前髪の立ち上がり、毛束をしっかりキープするには液量のワックスと合わせて使うとしっかりとキープしてくれます。

ただしハードスプレーの場合、スタイリングし直そうとすると白い粉が吹いてしまったり、スタイルが崩れてしまうため手直ししたい場合は難しいかもしれません。

再セット可能なスプレー

セットした後も少し手直しをすることができるのがはこのタイプ。

しっかり固めすぎないのでふわっとした柔らかいスタイルの方や、男性でもロングやミディアム自然なまとまりが欲しい方におすすめです。

スタイリングの要であるヘアスプレーの正しい使い方

ヘアスプレーを使うとムラになってしまったり白く粉を吹いた感じになるのがちょっと。。。

そんな方のためにヘアスプレーの正しい使い方についてお話ししていきたいと思います!

大事なのはヘアスプレーをふきかける距離!

ヘアスプレーを使用する際はよく振りふりかけましょう。

この時大事なのは頭からどのくらい離してふきかけるかが重要なのですが、ベストな距離は20cm程度です。

しっかり固めようと近くで吹きかけてしまいがちですが、あまり位置が近すぎるとムラになってしまいます。

基本的にヘアスプレーは拡散するよう噴射口が広く作られているので、離して使った方がばまんべんなくムラ無く髪に吹きかけることができます。

髪の毛全体にスプレーするイメージすることで、立ち上げたトップや前髪だけでなく、サイドに流したスタイルもしっかりとキープすることができます。

ハードスプレーの場合、乾いた後はなるべく触れないようにするのがポイントです。

乾いた後に手ぐしを通してしまうとフレーキング(粉吹き)を起こしてしまい、せっかくのスタイリングも崩れてしまいます。

崩れやすい部分はピンポイントでふきかける!

トップからバックバックにかけ崩れやすい箇所には、ヘアスプレーを部分使いするのも効果できです。

特に猫っ毛の方やけが細い方、生え方が前に潰れてしまっている方は、ワックスで立ち上げても時間が経つと重みによって落ちてきてしまいます。

髪の毛のボリュームや立ち上がりを長時間キープするためには、トップの毛束を指でつかんで軽く持ち上げて根元付近にふきかけるようにスプレーを当てましょう。

このときは狙った箇所以外にスプレーが付かないよう、ある程度近づけてスプレーするといいのですが、スプレーを近づけすぎて頭皮には吹きかけないよう注意しましょう!

前髪をスタイリングをするときのワンポイント!

前髪は湿気や汗なので崩れやすく、気になるところですよね。

ここでもおすすめなのがワックスではなくハードスプレー。

前髪はワックスをつけすぎると油分で逆にまとまりが悪くなってしまうので軽目のワックスで整えた後スプレーを吹きかけることをおすすめします。

この時直接ふきかけると肌荒れの原因にもなってしまいます。

直接ふきかけるのでは無く、指にスプレーを吹きかけその指で前髪をつまんで整えるとナチュラルな質感をキープしながら整えることができます。

まとめ

最後にまとめていきましょう!

  • ワックスだけだと重さで潰れつてしまう
  • 1日キープするにはヘアスプレーがおすすめ
  • ふきかける距離は20センチ前後
  • ピンポイントで使うこともおすすめ
  • 前髪は指に吹きかけて

意外と使っている方が少ないヘアスプレーですが、ワックスとあわせて使うことで朝スタイリングした髪型を1日キープすることができます。

スタイリングにお悩みの男性は是非ヘアスプレーを使ってみてください。

カット(炭酸シャンプー付き) ¥6,600

メンテナンスカット(刈り上げ・毛量調整) ¥3,300

男性専用ヘッドスパ ¥5,500

お悩みご相談はこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です