toggle
2021-04-24

メンズもヘアオイルを使うべき?【くせ毛男性に有効な効果とは!?】

こんにちは。

青山にてメンズ専門美容師をやております加藤亮平と申します。

腕を組む男性

『髪の毛のうねりやパサつきをなんとかしたい。』

こんな風にくせ毛に悩む男性は髪の毛の収まりや扱いに日々悩んでいる方も多いのではないかと思います。

シャンプーやその後のトリートメントはもちろん、男性でもプラスアルファで出来る髪の毛のケアがあればよりいいですよね。

そこで今回は、

  • くせ毛の原因
  • くせ毛を扱いやすくする方法
  • ヘアオイルの可能性

についてお話ししていきたいと思います。

くせ毛に悩む男性はちょっとした一手間を加えるだけで扱いやすさは改善します。

是非参考にしてみてください。

お悩みご相談はこちらまで!

くせ毛になる原因とは?

くせ毛は先天的な要因である遺伝によって起こる可能性が大きいとされています。

特に生まれつきくせ毛の場合、両親がくせ毛の場合は約90%の確率でくせ毛になるとされていて、両親の一方は直毛でもう一方がくせ毛の場合70%の確率でくせ毛になると言われています。

遺伝には「劣性遺伝」「優性遺伝」というものがあります。

  • 優性遺伝・・・親から引き継ぎやすい遺伝子
  • 劣性遺伝・・・親から引き継ぎにくい遺伝子

くせ毛は「優性遺伝」といわれていて、生物学的にくせ毛の遺伝子は親から引き継ぎやすい遺伝子となっています。

世間でもくせ毛は遺伝だと言われてるのはこのためです。

とはいえくせ毛になる理由としては遺伝的な要因だけでなく毎日の生活習慣による後天的な要因によって悪化している可能性もあります。

その要因としてあげられるのは、

  • シャンプーに含まれるシリコンなどの添加物が毛穴に詰まる
  • 食生活の乱れ
  • ホルモンバランスによる影響
  • ストレスや睡眠不足など不規則な生活
  • ダメージによる潤いの偏り

などが考えられます。

くせ毛に関してはこちらの記事に詳しくまとめてありますので是非参考にしてみてください。

くせ毛のメンズはヘアオイルを使うべき?

顎に手を当てる男性

結論から言うとくせ毛で悩むメンズはヘアオイルを使うべきうです。

ちなみにヘアオイルはアウトバストリートメントとも言われ、男性の中にはヘアオイルというと女性が使うものというイメージをお持ちの方も多いかと思います。

そもそもシャンプーの後にリンスやコンディショナーをつけないという男性も多いのではないでしょうか。

くせ毛の方は極端に短髪でないのであればリンスやコンディショナーも合わせて使った方がいいです。

その理由はこちらの記事にまとめてありますので是非読んでみてください。

シャンプーの後に使うリンスやコンディショナー、トリートメントは基本洗いな流しますが、ヘアオイル (アウトバストリートメント)は洗い流しません。

洗い流さないことによって髪に栄養を与える流だけでなく髪の表面にとどまることができるためうねりやパサつきを抑えることによって扱いやすい髪の毛にしていくことができます。

くせ毛のメンズにも効果的なヘアオイル の効果

オイル

くせ毛に悩む男性は扱いやす髪質にするためにヘアオイルを使うべきです。

とはいえ洗い流すトリートメントと違ってヘアオイルにはどんな効果があるのか気になるところではあると思います。

ヘアオイルは名前の通りオイルを主成分としているためスタイリングはもちろん保湿することを目的としても使うことができます。

特にくせ毛でお悩みの方はヘアオイルの高い保湿力によって広がりやボリュームを抑える効果が期待できます。

具体的にヘアオイル の効果について話ししていきたいと思います。

お悩みご相談はこちらまで!

<①ダメージから髪を保護してくれる>

そもそもくせ毛は真っ直ぐな髪の毛に比べて太い部分や細い部分があったりと太さが不均一になっています。

ちなみにその細い部分はキューティクルが剥がれやすくダメージを受けやすい部分です。

外的ダメージによってキューティクルがはがれることでそこから水分や養分が流出してしまいさらなる広がりやごわつきの原因になります。

ヘアオイルには髪の表面を油分でコーティングし、摩擦や紫外線、ドライヤーの熱などの刺激から髪を守る役割があります。

<②髪に潤いとツヤを与える>

くせ毛の男性の場合、髪の毛内部の水分バランスが不均一であるため乾燥しがちです。

ヘアオイルは保湿力に長けているため水分と油分を補い潤いとツヤを与えます。

特に暖房や冷房をよく使う夏場や冬場はいつもより乾燥しやすくなるためより効果は感じることができます。

また、ヘアオイルは「植物性」「動物性」「鉱物性」の3つに分けられ仕上がりの質感がそれぞれ異なるため、目的にあったものを選びましょう。

  • 植物性・・・アルガンオイル、ホホバオイル(さらっと質感のダメージ補修)
  • 動物性・・・馬油、スクワランオイル(しっとり潤い重めにまとまる)
  • 鉱物性・・・ミネラルオイル、ベビーオイル(コスパよくツヤが出せる)

<③まとまりやすくスタイリングもしやすくなる>

くせ毛の男性は雨の日など、湿気が多いと膨らんでまとまらないという方もいらっしゃるかと思います。

髪の毛が膨らむ原因として髪の毛内部にある「コルテックス」というものの膨張が挙げられます。

コルテックスは髪の内部、中間層に位置する繊維状の束で髪のしなやかさや柔軟性、太さを左右するものです。

水を吸収しやすい吸水性のコルテックスと、水を吸収しにくい撥水性のコルテックスがあります。

くせ毛の方はこのコルテックスに偏りがあることで湿気による影響で内部の水分量が変化するた膨らんでしまいます。

ヘアオイルの油分が髪の毛をコーティングすることで水分量を一定に保つ効果が期待できボリュームが落ち着きます。

その結果髪にまとまりができるため、スタイリングがしやすくなります。

くせ毛のメンズがヘアオイルを使い時の注意点

オイル

<①使用量に注意>

初めて使う方や髪が短い男性の場合つけすぎてしまうことがあります。

つけすぎることで重たい印象になってしまったりベタベタとした不潔な印象を与えてしまいます。

つけすぎてしまわないよう一滴づつ手に取り髪の内側からつけるようにしていきましょう。

一般滴に販売されているヘアオイルのワンプッシュ分は女性の長さや毛量を目安に作られているものが多いので初めは半プッシュくらいでもいいかもしれません。

<②添加物に注意>

また、匂いやフケが気になる方は植物由来100%のものをオススメします。

シリコンやコンディショニング成分などの添加物が含まれているものは潤いを与えダメージを防ぐことができる反面毛穴が詰まって頭皮環境を悪化させ原因になる可能性があります。

<③香りに注意>

意外と見落としがちなのが「香り」です。

まだまだ男性専用のヘアオイル が少ないため、うっかり女性的な香りが強すぎるものを選んでしまうとつけづらくなってしまいます。

メンズ専用のものがあれば専用のものを、もしそうでなければ無香料のものやオーガニック系のヘアオイル であればつけやすいかと思います。

まとめ

今回はくせ毛の男性にオススメのヘアオイル (アウトバストリートメント)についてお話しさせていただきました。

男性には少し馴染みが薄いものではありますが、カラーやパーマによるダメージをケアするだけでなく、ドライヤーの熱や紫外線などのダメージを防ぐ効果があります。

また表面をコーティングすることで潤いやツヤを与え、広がりを抑えつつまとまりのある状態を維持する効果があります。

いつもスタイリングがうまくいかない、雨の日は膨らんでしまう、パサつきを抑えたい。

こんなお悩みを持つ男性は是非ヘアオイル を使ってみてください。

カット+ヘッドスパ ¥12,100

メンテナンスカット(刈り上げ・毛量調整) ¥3,300

お悩みご相談はこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です