toggle
2020-06-16

グレイカラーはいつから?白髪が気になり始める40代男性のお悩み

こんにちは!

青山にて美容師をやっております、加藤亮平と申します!

30代後半から40代にかけて、ちらほら気になり始める『白髪』

お客様からも、

『ちょっときになるんだけど染めた方がいいのか?』

という悩みをよく聞きます。

お勤めの男性のが場合、ショートやベリーショートにされてる方が多く、長い毛で隠すということもできないので数本で始めた頃から気にされている方が多いようです。

そこで今回は!

  • 男性ならではの白髪の染めどき
  • 男性ならではの白髪の染め方
  • 染めないかっこよさ
  • なんならもう気にしない!

という感じでお話ししていきたいと思います!

最近白髪がちらほら出てきた40代男性は要必見です!

男性が白髪が気になり始める瞬間

まず男性の場合、どんなタイミングで白髪が気になり始めるのか?

白髪が出てきたときの男性ならではの気になり始めのポイントとしては、

  • もみあげの白髪がきになる。
  • 前髪の生え際の白髪が気になる。
  • 気にしてなかったけど周りの人に指摘された。

という声をよく聞きます。

お勤め男性の髪型で最も必要なのは『清潔感』

耳周りはしっかりだして前髪は目元が見える長さにされている方が多いかと思います。

短い耳周りの髪の毛の中にハリコシの強い白い毛がちらほらあるとやはり気になる方が多いようです。

前髪も立ち上げたり、横に流したりと、正面から自分でも見えるのでやはり気になる方も多いようで、自分で切ったなんて方もたまにいらっしゃいます。

そして意外にも多いのが、自分ではそこまで気にしてなかったけど、奥様や会社の人、第三者に指摘されて気になり始めたという方。

人に指摘されるとどうにかした方がいいのかなと思ってしまいますよね。

グレイカラーはいつから?

白髪っていつから染めたらいいのか、白髪が出てきたときの対処法ってどうしたらいいのか?

もちろん気になったら染める、に越したことはないと思いますが、

白髪染め=真っ黒になる

というイメージを持っている方も多いようでなかなか染めることに抵抗がある方も多いようです。

当然真っ黒に染めることもできますが、自然な黒、地毛に合わせて染めることもできます。

もし数本の白髪が気になるようであれば、白髪だけを染める(コーティングする)ヘアマニキュアもオススメです。

男性にオススメの白髪染め、ヘアマニキュアに案してはこちらの記事もご覧ください!

また数本がきになるからといて根元から引きに抜くのはNGです。

髪の毛を抜くことは頭皮環境を乱し、薄毛や抜け毛の原因になります。

染めるまでもない、数本がきになるくらいであれば抜くのではなく根元から切りましょう。

それでも追いつかなくなってきたら白髪染めをするのがオススメです。

白髪は拔かないように!合わせてこちらもご覧ください!

男性ならではのグレイカラー

白髪は気になるけどしっかり染める、染めた感が出てしまうことに抵抗がある方や、グレイっぽい色味にしていきたい方にオススメなのがカラートリートメント。

そもそもカラートリートメントと白髪染めは何が違うのかというと、基本的には名前の通りトリートメントで、髪の毛の内部に色素が入って発色させるのではなく、表面をコーティングするだけなので、徐々に白髪をコーティングして色味をつけてくれるので黒髪になんとなく馴染み、自然な仕上がりになります。

自宅での毎日のシャンプーの後に使っていけば徐々に黒髪に馴染んでいきグレイっぽい雰囲気に仕上げてくれます。

美容室での白髪染めに抵抗がある方、染めた感をあまり出したくない方、ちょっとずつ地毛の髪色に馴染ませていきたい方にはオススメです。

グレイカラーではなくて髪型で問題解決

もみあげ周りに出てきた白髪が気にある方。

そこだけ染めたりも面倒ですよね。

そこでオススメなのがツーブロック !

ツーブロックで地肌と白髪が馴染じむことであまり気にならなくなります。

ツーブロックスタイルはデザインとしても髪型にメリハリをつけてくれますが、耳周りをスッキリと刈り上げることで清潔感も演出してくれます。

あまり短く刈り上げすぎるのはデザインが強く出すぎてしまったりいかつい印象を与えてしまうので、お勤めの男性の場合6〜9ミリくらいでの刈り上げがオススメかなと思います。

社会人男性のツーブロック についてがはこちら!

白髪を活かした髪型にする

白髪をマイナスなイメージに捉えてしまうかたも多いかもしれませんが、逆に気にしないという発想もありかと思います。

男性の白髪は大人にしか出せない色気や渋み、かっこよさも演出してくれます。

若者には出せない大人の武器を前面に出すのもかっこいいんではないでしょうか?

まとめ

男性のグレイカラーのタイミングについてお話ししてきました。

  • 白髪染めは真っ黒ではない
  • しっかり染めずなんとなく染めても良い
  • 地毛はそのままで白髪だけも染められる
  • 白髪を活かした髪型にする
  • もみあげがきになるならツーブロック

男性の白髪への対処法は女性と違い、

『男性ならではの対処法』

が色々あると僕は思ってます。

その人のライフスタイルや気になるポイントに合わせた対処法で解決していけたらと思います。

カット(炭酸シャンプー付き) ¥6,600

ヘアマニキュア ¥7,700

お悩みご相談はこちらまで!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階 

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤 亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です