toggle
2021-02-05

前髪がまとまらない男性必見!その原因と印象アップの対策方法とは?

こんにちは。

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します。

腕でを組む男性

前髪がうまくまとまらずイライラした経験はありませんか?

前髪はその人の印象を決める重要な部分であるだけでなく、うまく決まらないとなんとなく一日テンションが上がらなかったりしますよね。

前髪が決まらない原因は様々です。

そこで今回は、

  • 前髪がうまく決まらない原因
  • 前髪をうまくまとめる方法
  • 思い切って前髪を立ち上げるのもあり

についてお話ししていきたいと思います。

一日を気分良く過ごすための鍵である「前髪」についてお悩みの男性は是非チャックしてみてください。

お悩みご相談もこちらまで!

前髪がうまくまとまることの重要性とは?

下を向く男性

前髪は目にかからないようにおでこを出した方がいいとよく言われます。

確かにそのほうが清潔感もあって好印象であることは間違いありません。

とはいえ、顔のパーツやバランスは人それぞれです。

例えば極端な話ですが、スキンヘッドやオールバックだと、人によっては少しいかつ印象を受けたりしませんか?

僕が担当させていただいているお客様の中には印象をよくするためにメガネをかけたりヒゲをはやしたりなどをしているという男性もいらっしゃいます。

実は目つきやおでこの広さにっては前髪があったほうがバランスが良かったり優しい印象に見えたりします。

下ろした前髪によって得ることができる清潔感や髪型としてバランスのとれた印象は、うまくまとまることでより効果を発揮します。

前髪がうまくまとまらない原因と対策

?マークを持つ男性

ではなぜ前髪がうまくまとまらないのか、その原因としてあげられるものを4つご紹介していきます。

前髪がうまくまとまらない原因と対策①前髪をすき過ぎている

すき過ぎているというのは量を取り過ぎたことによって軽くなり過ぎているということです。

前髪だけでなく量を減らすのは束間や動きを出すのに必要ですが、減らしすぎると前髪が割れてスカスカになってしまいます。

また、少し下ろした毛先を流したい場合もある程度髪の毛の重さがあったほうがまとまって流れやすくなったります。

前髪のまとまりが気になる場合は美容院でカットする際に「あまり好かなくていい」という旨をしっかり伝えましょう。

前髪がうまくまとまらない原因と対策②スタイリング剤のつけ過ぎ

束間や動きをつけるためにはワックスを使うとうことは必要不可欠です。

とはいえ前髪においてはワックスをつけ過ぎると前髪同士がくっつき過ぎて束間が出すぎることでスカスカに割れてしまいます。

これは原因①のようにすき過ぎた前髪であればなおさらです。

前髪をしっかりスタイリングしたいからと一番最初にワックスをつける方がいますがこれがNG。

対策としては基本的にはつけ過ぎないというのが大前提なので、順番としては一番最後にスタイリングするのがポイントです。

手にわずかに残ったワックスでスタイリングすると程よくまとまります。

前髪がうまくまとまらない原因と対策③生えグセ

前髪には意外と分かれグセがあったり、つむじがあったりするため思ってもみない方向に流れてしまいがちです。

スタイリング剤をつけても前髪が分かれてしまう原因としてはこれらが関係していることが多いです。

そこで重要となってくるのがスタイリング剤をつける前の乾かし方です。

  1. 根元付近を地肌から濡らす。
  2. 根元を潰すよう、形を整えながら乾かす。
  3. スタイリング剤をつけ過ぎない程度につける。

シャンプーの後、特に前髪が分かれやすい方は変なクセがついてしまわないようにまずは前髪から乾かしましょう。

お悩み相談もこちらまで!

前髪がうまくまとまらない原因と対策④毛が細くなってきている

もしかしたら男性型脱毛症が始まっているのかもしれません。

いわゆるAGAと言われるものです。

AGAと聞くと薄毛というイメージがあるかもしれませんが症状はそれだけではありません。

  • 髪の毛が細くなる
  • 髪の毛のハリコシがなくなる
  • 髪の密度が少なくなる

AGAは自然治癒が難しく、放っておくと更に悪化します。

AGAの進行は人によって個人差はありますが、もしやと思った時は早めの対策が必要です。

対策としては育毛剤を使ってみる、医療機関に相談してみるなどです。

また、薄毛や加齢による要因が多いですが、普段から薄毛にならない生活習慣をを心がけることも重要なため気になる方は合わせてこちらの記事もご覧くださ

前髪を思い切って立ち上げてみる

メガネをかけた男性

前髪がうまくまとまらない場合は思い切っておでこを出す、立ち上げるスタイルもおすすめです。

分かれグセがありまとまりが悪い場合は、無理に矯正するよりも流れに従って立ち上げた方が自然な場合もあります。

立ち上げておでこをしっかり出すというよりも両サイド、もしくは片方は下ろして流すようなスタイルであれば大人の色気や清潔感をより引き出すことができるためオススメです。

まとめ

今回は前髪がまとまらない原因とその対策についてお話しさせていただきました。

最後にまとめていきます。

まとまらない原因として考えられるのは、

  • 毛量のすき過ぎ
  • スタイリング剤のつけ過ぎ
  • 生えグセがある
  • AGA(男性型脱毛症)進行の可能性

自分に当てはまる原因を見つけて改善していくことで好印象な前髪をキープしていきましょう。

骨格矯正カット+男性限定ヘッドスパ ¥12,100

骨格矯正カット ¥7,700

メンテナンスカット(刈り上げ・毛量調整) ¥3,300

お悩みご相談はこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です