toggle
2021-02-14

刈り上げにするにはハサミとバリカンはどちらがいいの⁈その違いとは

こんにちは。

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します。

短くスッキリとした髪型にしてみたいけれど一気に短くされるのはなんとなく抵抗がある。

こんな風に、刈り上げスタイルに興味はあるけれどバリカンを使われることに少し抵抗を感じた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

なんとなく手抜きをされていると感じるお客様もいらっしゃるのか、実際に僕が担当させていただいているお客様や新規でいらっしゃるお客様からも、ハサミで刈り上げて欲しいという声をいただきます。

とは言えハサミを使った刈り上げも、 バリカンを使った刈り上げもそれぞれに善し悪しはあります。

そもそもハサミを使ってする刈り上げとバリカンを使ってする刈り上げにはどんな違いがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 意外と知られていない刈り上げの定義
  • ハサミでする刈り上げ
  • バリカンでする刈り上げ

についてお話ししていきます。

刈り上げスタイルに興味のある男性、頭の形にお悩みのある男性は是非チェックしてみてください。

お悩みご相談もこちらまで!

刈り上げの定義とは?

顔を覆う男の子

まずはじめに今回のテーマである「刈り上げ」の定義というのはご存知でしょうか?

ご来店いただいたお客様とカウンセリングをしていると、

「短くしたいけれど刈り上げにはしたくない」

こうおっしゃる方のお話を聞いたりイメージの写真を見せていただくと意外と刈り上スタイルである事が多かったりします。

  • 坊主に近いような短い髪型
  • バリカンを使って切る髪型

おそらく刈り上げというとこのようなイメージを持っていらっしゃる方が多いのではないかと思います。

簡単に言うと、刈り上げとはサイドや襟足を短くカットし、トップから生え際(アウトライン)に向かって徐々に短く緩やかに繋いでいった髪型のことを言います。

ということは?

そうなんです、長さの違いによる定義があるというわけではないんです。

バリカンであってもハサミであっても道具による定義と言うわけではありません。

バリカンを使う事が刈り上げはない

虫眼鏡を覗く男性

刈り上げというとバリカンを使って短く仕上げるというイメージをお持ちの方が多いですが一概にそうというわけではありません。

長さによる定義の違いはないので、サイドや襟足を短くカットされている髪型であれば刈り上げであるということが言えます。

ということはバリカンを使ってカットした髪型であれ、ハサミを使ってカットした髪型であれ、刈り上げスタイルは作る事ができます。

バリカンを使った刈り上げスタイルに抵抗がある方はハサミを使った刈り上げを美容師さんにお願いしてみましょう。

ハサミを使った刈り上げとバリカンを使った刈り上げの特徴の違い

刈り上げスタイルはハサミを使ってもバリカンを使ってもカットする事ができます。

とはいえどちらで道具を使ってカットするかによって仕上がりや伸びてきたときに微妙な違いが出てきます。

ここではそれぞれの特徴からメリット・デメリットについてお話していきます。

バリカンを使った刈り上げの特徴

バリカンを使った刈り上げの特徴としては以下のものがあげられます。

  • カット時間が早い
  • 刈り上げた面をシャープに作りやすい
  • 地肌が見えるくらい短くできる
  • 長さの指定が具体的にできる

バリカンでカットすると髪の毛の一本一本の断面をシャープな見た目に仕上げる事ができるので綺麗な面を短時間で作る事ができます。

また、バリカンはアタッチメント(長さを調整するもの)をつけずそのまま刃を当ててカットする事で地肌が見えるくらいの短さに仕上げる事ができます。

スキンフェードにしたい場合にオススメです。

フェードスタイルについてはこちらの記事をご覧ください。

またアタッチメントをつける事で、ツーブロックにする際に3mm、6mmなど、正確な長さに仕上げるできます。

とはいえバリカンでの刈り上げには注意しなければいけない点があります。

バリカンは頭皮に当ててカットするため、頭の方がそのまま出てしまう場合があります。

頭の凹凸や絶壁などにお悩みの方はその旨を美容師さんに伝えておくといいかもそしれません。

ハサミを使った刈り上げの特徴

ハサミを使った刈り上げの特徴としては以下のものがあげられます。

  • 頭の形や生えグセを見ながらカットできる
  • 柔らかいカット面に仕上げる事ができる
  • 伸びてきたときの肌馴染みがいい
  • 細か調整がしやすい

ハサミを使った刈り上げの一番の特徴は頭の形と生えグセを見ながらカットする事ができる、という事です。

頭の形は十人十色で綺麗なまん丸という方はほとんどいらっしゃいません。

出っ張っているところもあれば凹んでいるところもあり、それをコンプレックスと感じている方も多くいらっしゃいます。

ハサミで刈り上げる事でその微妙な凹凸に合わせて細かく刈り上げる事ができるだけでなく、絶壁などの頭の形をカバーしたシルエットを作る事ができます。

さらにハサミを使う事で毛の生え方をみながら細かくカットする事ができるため、もみあげや襟足には生えグセがある方で短く刈り上げたいけどなるべく長くもたせたい、という方にはオススメです。

見た目の印象という点でみてもハサミを使う事で髪の毛の断面を少し丸く残す事ができるため、シャープすぎない柔らかい刈り上げスタイルにするとができます。

フェードスタイルに興味はあるけれどカリカリに短くしすぎるのは抵抗がある、という方はハサミでも2mmほどの長さにカットすることもできます。

ナチュラルなフェードスタイルにしてみたい方にはハサミをつかったフェードスタイルもオススメです。

まとめ

今回はハサミを使った刈り上げとバリカンを使った刈り上げの違いについてお話しさせていただきました。

僕が一番お伝えしたいのはバリカンを使う事だけが刈り上げというわけでないということ。

そしてハサミとバリカン、それぞれにメリットやデメリットがあり、仕上がりのちょっとした違いがあるということです。

自分のイメージするスタイルや頭の形や生えグセなどのコンプレックスをしっかり美容師さんに伝えて刈り上げスタイルを楽しみましょう。

骨格矯正カット+男性限定ヘッドスパ ¥12,100

骨格矯正カット ¥7,700

メンテナンスカット(刈り上げ・毛量調整) ¥3,300

お悩みご相談はこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です