toggle
2019-10-21

カラーをした日のシャンプーはしていいの?気をつけるべきポイント!

こんにちは。

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します。

腕を組む男性

今回はヘアカラーをした日のシャンプーについて。

よく美容室でカラーした時に、

「今日はシャンプーはしないでくださいね!」

って美容師さんに言われませんか?

僕も一応決まり事のように言ってます。笑

そうは言うものの、ワックス付けたり、スプレーつけたり、そのまま寝るのも気持ちわるいし、かと言ってこれから出かけるのにスタイリングしてもらわないのも嫌ですよね。

当日のシャンプーを控えたほうがいい理由としては、髪の毛にカラー剤が馴染むのには少し時間がかかると言うことと、髪の毛がカラー剤によるダメージで敏感になっていると言うことがあります。

そう言う理由から本当は48時間くらいは濡らしたり、シャンプーはなるべくなら避けたほうがいいと言うのは正直なところです。

ただ僕も含めて、ほとんどの美容師さんが決まり文句のように言ってますが、ある程度の条件をしっかり守っていただければ、そこまで敏感にならなくてもいいんではないかな、と思います。

1、少しぬるめのお湯でながす。

ヘアカラーした当日は髪の毛は敏感な状態です。

熱いお湯によって余計にキューティクルが開いてしまい、カラー剤が流れ落ち てしまいます。

2、地肌を優しくこするするイメージで洗う。

先にも言ったように、カラーした当日は髪は傷んで敏感な状態です。

髪の毛同士がこすれ合うことで摩擦が生じ、色もちにもお関わってきてしまうので、なるべくシャンプー剤ををしっかり泡立てて洗ってください。

3、シャンプーの後はドライアーでしっかり乾かす。

これも半乾き、もしくは濡れてる髪は敏感でデリケートな状態です。

しっかり乾かしキューティクルで蓋をする。

4、ヘアカラー専用シャンプー、トリートメントを使う。

今色んなメーカーさんからたくさんの種類のヘアケア用品が発売されてます。

その中の『ヘアカラー用』

と書いてあるものを使ってみるのもいいと思います。

ちなみに僕もカラーのお客様にはカラー毛用、なるものを使ってます。

あとは美容師の専門的な観点から言わせていただくと、色味だったり、染める前の髪の毛の状態(ダメージレベル、退色具合)を見てすぐ色が落ちそうだな、とかはわかるので、シャンプーしてすぐ落ちないような配合では染めてる美容師さんがほとんどかと思います。

もしシャンプーして明らかに色が落ちてしまったら、美容師さんに染め直しをお願いしてみてください。

結構気にして諦めてしまう方が多いようですが、ほとんどの美容室、美容師さんがそう言ったアフター保障してくれてると思うのでご安心を。

ヘアカラーをしたその日から少しのことを気をつけるだけで色もちはだいぶ変わります。

綺麗な色味を長く楽しみましょう!

カット(炭酸シャンプー付き) ¥7,700

メンテナンスカット(刈り上げ・毛量調整) ¥3,300

男性専用ヘッドスパ(30分コース) ¥5,500

お悩みご相談はこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です