toggle
2020-08-19

美容院に行くときの服装に悩む男性必見!気をつけたいポイントとは?

こんにちは。

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します。

美容室に行く時ってどんな服装で行ったらいいか迷いませんか?

美容院てなんとなくオシャレな雰囲気だからそれなりの格好をしていかないとと思う方もいたり、家の近所だし髪の毛切るだけだからラフな格好でいいやと思う方がいたり、これは本当に人それぞれかと思います。

僕自身といえばお客様として美容院に通っていた頃は美容師酸に舐められないようにこれでもかってくらい自分の中でオシャレをして行ってました。(笑)

そこで今回は、

  • 美容師はお客の服装に関してどう思っているか
  • こんな服装で来てほしい
  • こんな服装はやめてほしい

についてお話ししていきたいと思います。

もうこれで美容室に行く時の服装で迷うことはありません!

お問い合わせはこちら!

美容院にはこんな服装で来てほしい

結論から言うと一番いいのは、

普段通りの服装で来ていただくこと

です!

これはなぜかと言うと、お客様がどんな雰囲気が好きなのか、服装からお客様の好みに合いそうな髪型やヘアカラーを提案させていただくことが多いんです。

初めて担当させていただくお客様は特にですね!

普段カジュアルな服装が多い方にちょっと攻めたようなモードなスタイルは違うかなとか、逆に普段スーツが多い方やカチッとした服装が好きな方に毛先を遊ばせている髪型も違うのかなとか。

服装と髪型がチグハグしないように普段の服装からお客様の好みを知ることは髪型を決めるのにとても重要なのです!

こんな書き方をしてしまうと、逆に

『自分の好きなテイスト??・・・うーん。。。』

と考えてしまう方もいるかもしれません。笑

感覚としては、なんとなく気に入っている普段着くらいの服装で来ていただけると一番いいかなと思います!

次に強いていうならこんな服装がオススメですよ!的なものを紹介いたします!

さっきの話は別として、こういう服装ならお客様自身も美容院で快適に過ごせるのではないかなと思います!

オススメの服装①施術中は薄着

美容院で施術する際は首にタオルを巻いてクロス(髪の毛や汚れから洋服を守るもの)つけます。

これは水やパーマ剤、髪の毛がつかないようナイロン素材でできているものが多いのですが、このクロス、長時間つけていると結構暑くなります。

ドライヤーも使ったり冬場は暖房もついていたりするので汗かきの方は夏場ではなくても汗が止まらない方も少なくありません。

薄着でいらしてもし寒い場合は上に一枚羽織る、という感じで体温調節をしていただくことをオススメします。

オススメの服装②襟がついていないもの

お客様の中には首元が締め付けられる感覚が苦手という方もいます。

襟つきの洋服の場合、首回りがタオルやクロスでもたついてしまって余計に締め付け感があるため襟付きでないもの、首元がすっきりとしている服装がオススメです。

美容師側の意見としては、男性のショートや刈り上げスタイルにする方で襟足が結構深いところまで生えている方は襟付きでないほうが細かな部分までカットがしやすいの助かります!

オススメの服装③脱ぎ着しやすい服装

①でもお話ししたように脱いだり来たりが簡単な服装がいいかなと思います。

長時間じっとしていると暑くなったり、逆に寒くなったりするお客様が結構いらっしゃいます。

冬場のオススメはアウターで調節していただいてご来店いただくといいかもしれませんね!

オススメの服装④仕事のスーツ

普段仕事でスーツを着られる方。

大半をスーツで過ごすからあまりイメージを変えないようにしたい方は仕事終わりやお仕事前にスーツでいらっしゃるのもオススメです。

男性の方には、シャツの襟の高さを目安に襟足の長さを決めるというかたが多いというのもポイント!

スーツで行けばそのまま長さを確認することとができますね!

お問い合わせはこちら!

美容院にはこんな格好では来ないでほしい

美容師目線でこれはちょっと、、、な服装もご紹介していきます!

これは決してだめ!これはやめて!というわけではなく、なるべく避けていただいた方が施術がしやすいかな、、、くらいで思っていただけると幸いです!笑

美容院には避けたほうがいい服装①フードつきのパーカー

美容師が一番困ってしまうのがこのフードつきのパーカーです。。。

先ほどもお話ししたように脱いでいたでいただけるなら全然問題ないのですが、脱いだらタンクトップや肌着となるとそういうわけにもいかず、、、

もしフードつきのパーカーを着ていきたい場合は脱いでも大丈夫なように下に一枚でも大丈夫な服を着ていきましょう!笑

フードつきはカットも困難になるのですが、シャンプーも濡れてしまうリスクが上がってしまいます。

お客様と美容師、お互いが気持ちよく過ごす為にフードつきパーカーは避けましょう!

美容院には避けたほうがいい服装②白い襟付きシャツ

施術中、カラー剤やパーマ剤がつかないようにもちろん最新の注意を払って施術をさせていただきますが、万が一ということもあります。

特に首元は頭に近いので汚れてしまうリスクが高いです。

美容院で使う薬剤は洗濯して落ちないことが多いので最悪の事態を考えてできたら避けていただくことをオススメします。

美容院には避けたほうがいい服装③ニット素材の服

施術中は当然洋服に髪の毛がつかないように注意しますが、どうしても髪の毛がついてしまうことがあります。

特に男性の短い髪の毛や、刈り上げで出た細かい髪の毛はニット素材の洋服についてしまうとめり込んでし待ってなかなか取れません。

特に首回りに細かい髪の毛がついてしまうとずっとチクチクから逃れられなくなってしまうので、男性のショート・刈り上げスタイルにする方は特に控えたほうがいいかと思います。

まとめ

美容院に行くときはオシャレをしないと!

美容院が苦手な方や、行くことのが億劫になってしう方はこんな考えも一つの理由なのかなと思います。

いつもよりキメていかないととか、ブランド物着ていかないととか、全然そんなことはなくて、普段の格好でいいんです!

なんなら美容師としては「ちょっとお気に入りの普段着」で来ていただくほうがありがたいです。

これで美容院に行く時の服装にも迷うことはなくなりましたね!

『こういう服装はどうですか?』

みたいなのがあれば是非お問い合わせからでもご質問お待ちしております。

カット(炭酸シャンプー付き) ¥7,700

男性専用ヘッドスパ ¥5,500

お悩みお問い合わせはこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤 亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です