toggle
2021-01-30

ワックスがシャンプーでなかなか落ちない!美容師が勧める対処法とは

こんにちは。

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します。

腕を組む男性

ワックスををしっかりつけた日はシャンプーをしてもなんとなくゴワつく、ベタつくなと感じたことはありませんか?

ホールド力の強いものや硬めのワックスを使っている男性だと一度は感じたことがあると思います。

とはいえ髪の毛を一日キープさせるためにはそれないりにワックスをつけたいものですよね。

そこで今回は、

  • ワックスがシャンプーで落ちない理由
  • ワックスがしっかり落とせるシャンプー
  • ワックスをサッと落とすおすすめの方法

についてお話ししていきたいと思います。

普段よくワックスを使う男性や、一度のシャンプーでなかなかワックスが落とせずに困っている男性は是非参考にしてみてください。

お悩みご相談もこちらまで!

ワックスはなぜ落ちないのか?

油

そもそもワックスにはたくさんの油が含まれています。

例えば料理をした後油がしっかりついたお皿やフライパンを水で流しても当然油をはじいてしまい汚れは落ちないので食器用洗剤を使いますよね?

これはすんなりイメージすることができるかと思います。

髪の毛も同じでワックスを落とすということは髪の毛についた油を落とすということなんです。

当然お湯だけでは油を落とすことはできないいためシャンプーを使うのですが、食器用洗剤やシャンプーには洗浄成分である「界面活性剤」というものが含まれています。

シャンプーに含まれた界面活性剤が油を分解することでワックスのベタつきを洗い流してくれます。

ワックスの油が落ちない原因としてはシャンプーの洗浄成分(界面活性剤)だけでなく、使うワックスの種類や使用する量が挙げられ、これらの理由によってなかなか落ちづらいということがあります。

一般的に落ちづらいときは二度洗いをする、洗浄力の強いシャンプーを使いという方が多いかと思いますが、この二つの方法だと頭皮環境を悪化させる原因になります。

何度もシャンプーすることで頭皮に必要な皮脂まで奪われてしまい乾燥状態となってかゆみやふけ、皮脂の過剰分泌など男性にとってはセンシティブな課題となる抜け毛や薄毛にも直結してくる恐れがあります。

落ちなかったワックスによって起こるトラブル

メガネをかけた男性

シャンプーをしてもまだ何となくワックスが残っているような気がするなと思いつつもそのままにしていませんか?

ワックスをしっかりと洗い流すことができなかった場合、頭皮や髪の毛にどんな影響があるのかみていきましょう。

頭皮環境が悪化する

ワックスの洗い残しはその成分が毛穴に詰まることで健康な髪の毛が生えてくることを妨げてしまいます。

またワックスに含まれる樹脂や油分は頭皮に残留することで酸化し雑菌の繁殖を招き、炎症やかゆみの原因にもなってしまいます。

普段からワックスをしっかり使っていて、シャンプーをしているけど頭皮がかゆいという男性はもしかしたらしっかりとワックスが落としきれていないかもしれません。

ワックスの洗い残しは育毛・発毛を妨げるだけでなく、頭皮環境を悪化させ薄毛や抜け毛につながる恐れがあるため使用するシャンプーやその方法だけでなく、男性は慎重に対応していきましょう。

枕にダニや細菌が発生する

何となくいつも頭皮がかゆいと感じる男性はもしかしたら、枕やシーツなどの寝具にダニや細菌が発生している恐れも。

ワックスをつけた状態は勿論ですが、ワックスが残った状態で使用した寝具は不衛生な状態になっています。

シャンプーをしないまま寝ると、日中の汗や皮脂、ホコリや汚れなどをエサとするダニや雑菌が枕などに繁殖します。

ワックスの油が残っているとその酸化した油汚れもダニや雑菌のエサとなります。

寝る前はきちんとシャンプーをするというのは大切ですが、ワックスの油をしっかり落としきるということがとても重要となってきます。

カラーやパーマに影響する

ヘアカラーやパーマは薬剤が髪の毛の内部に入ることで色身を発色させたり髪の毛の構造を変えることでまっすぐにしたりカールをつけたりします。

髪の毛の表面にワックスが残っていると油によって膜が張られた状態になります。

この状態だと髪の毛の内部に薬剤が浸透しづらく思ったような色味が出なかったり、パーマがしっかりかからないなどの原因になります。

美容院に行って自分のイメージしている髪型に近くためにも普段からヘアワックスはしっかりと洗い流しましょう。

お悩みご相談もこちらからどうぞ!

ワックスをしっかり落とすシャンプーの選び方

ワックスを落とすシャンプーを選ぶポイントは、まず「刺激が少なく洗浄力が十分なアミノ酸系洗浄成分のシャンプーを選ぶ」ということです。

主なシャンプーの洗浄成分は以下の3つがあります。

  • アミノ酸系
  • 石けん系
  • 高級アルコール系

一般的メンズ用のシャンプーだと洗浄成分の強い石けん系や高級アルコール系が使われているものが多いですが、洗浄成分刺激が強すぎ頭皮や髪の毛を痛める恐れがあります。

ましてやこれらを使ってに二度洗いするというのはさらにリスクがあります。

アミノ酸系の洗浄成分が配合されたシャンプーであれば、髪や頭皮を傷つけずにしっかりとワックスを落とすことができます。

ワックスを落としたい場合は、刺激が少なく洗浄力が十分な、アミノ酸系の洗浄成分のシャンプーを選ぶのがオススメです。

男性が気になる洗浄成分についてはこちらの記事をご覧ください。

ワックスをシャンプーでしっかり落とす方法

一度のシャンプーでしっかりとワックスの油を落とす方法として美容師がオススメする方法は、

「シャンプーの前にコンディショナーで洗う」

ということです。

その順番としては、

  1. 予洗いはしっかりする(お湯で流す)
  2. コンディショナーで洗う(揉み込む)
  3. アミノ酸系のシャンプーで洗う
  4. 洗浄成分が残らないようしっかり流す
  5. コンディショナーをつける

ポイントは2番のコンディショナーで洗う際は頭皮につかないように毛先に揉み込むように行うことです。

そしてしっかり流してからシャンプーをする。

コンディショナーを頭皮につくことで、その油が毛穴に詰まり炎症を起こす原因になります。

また、シャンプー前に一度しっかりと流してくださいとコンディショナーの油分が残ってしまいうまく泡立たないことがあります。

ワックスを落とすにはコンディショナーが効果的なワケ

電球を指す指

ではなぜワックスを落とすにはコンディショナーが効果的なのかというこについて説明していきます。

ワックスの主成分は「油」ということは最初にお話しさていただきましたが、コンディショナーも「油」でできています。

お湯とシャンプーの力だけでいきなりワックスの油を落地づらいですが、ワックスの油分とコンディショナーの油分が結合することで落としやすくさせることができるんです。

原理としては、女性がメイクを落とす際にいきなりお湯で落とすのではなくクレンジングオイルを使うのと同じです。

つまりワックスを落とすのにコンディショナーが効果的な理由は、「油で油を分解することができる」ということです。

まとめ

今回はシャンプーでワックスしっかり落とす方法についてお話しさせていただきました。

今回の内容をまとめていきます。

  • ワックスは油でできている
  • 落ちないからと二度洗いは危険
  • 落ちないからと刺激の強いシャンプーは危険
  • オススメはアミノ酸系シャンプー
  • シャンプーの前はコンディショナーで洗う

大人の男性において清潔感を演出するためにワックスを使ってスタイリングすることは重要です。

とはいえその成分である油が残ってしまうと頭皮トラブルの原因にもなり薄毛や抜け毛にもつながります。

ワックスを使った日はその日のうちにしっかりと洗い流しましょう。

骨格矯正カット+男性限定ヘッドスパ ¥12,100

骨格矯正カット ¥7,700

メンテナンスカット(刈り上げ・毛量調整) ¥3,300

お悩みご相談はこちら!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です