toggle
2020-06-21

直毛を活かしたツーブロックに!サイドの張りに悩むメンズは要必見!

こんにちは!

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します!

直毛の方でツーブロックにした時にサイドが浮いてしまってどうにもならなくなってしまった経験のある方、いらっしゃるんじゃないでしょうか?

カッパみたいに浮いてしまった!

ワックスをつけても抑えられない!

本当はツーブロックにしたいけどその経験があるから勇気が出ない。。。

大丈夫です!

諦めないでください!

直毛の方でも収まりのいいツーブロックはできます!

そこで今回は、

  • 直毛の方のツーブロックの刈り上げ方
  • ツーブロックのセットの仕方
  • オススメのツーブロック スタイル

についてお話ししていきたいと思います!

今までツーブロックにして失敗してしまった方、トラウマを抱えている方は是非読んでみてください!

お悩みご相談はこちらまで!

ツーブロックとは?

まず初めに、ご存知の方も多いかもしれませんがそもそもツーブロックとは?

サイドから襟足にかけて刈り上げをしていくスタイルで、上の髪の毛と下の髪の毛(刈り上げ部分)が繋がっていないスタイルのことを言います。

サイドのボリュームを抑えたりデザインにメリハリをつけることができるため、最近ではこのツーブロック にされている方が多いように思います。

極端に短すぎるとデザイン(スキンフェードなど)が強く出てしまうので、社会人男性の場合いは6〜9ミリくらいがオススメです。

直毛はツーブロックにすると浮いてしまう?

直毛の方、特に髪の張りが強い方の場合、ツーブロックにして残した上の毛がヒサシのように立ってしまうことがあります。

上の写真の方のようにハチ周りが横に生えていると刈り上げる高さによっては確実に張ってしまいます。

膨らみを抑えたくてツーブロックにしたのに、コレだと余計にボリュームが気になってしまいますよね?

では直毛でハリコシが強い、でもツーブロックにしたい場合はどうすればいいのでしょうか?

直毛のツーブロックは刈り上げ方と高さが大事!

直毛の方の場合、ツーブロックにする際のポイントがいくつかあります。

このポイントを抑えればボリュームを抑えたツーブロック スタイルにすることができます。

どのくらいの高さまで刈り上げるか(高め、低め)

一番のオススメは、ツーブロックの高さを幅を低くすることです。

ツーブロックの幅を低くすることで、上に残った髪の重みで広がりを抑えることができます。

耳周りを刈り上げているため、スタイリングはしやすいですね!

  • 直毛でツーブロックにしたいけどもナチュラルにしたい
  • サイドが広がらないようにしたい

社会人男性のツーブロックには一番向いているスタイルかなと思います!

それとは逆に、張ってしまうあたりまで思い切って刈り上げる、高めの位置まで刈り上げるのもおおすすめです。

ボリュームダウンというよりは少しデザインを強めに出したい方にはいいかと思います。

上に残す毛の長さ

上に残す髪の毛を長め目に取り、重さでボリュームを潰します。

特につむじの関係で右側は後ろに向かって生えているので、写真のように少し長く多めにとり、なんとなくサイドは後ろに流すスタイルだとセットも簡単です。

髪の毛の生え方と重さを利用してボリュームを抑えます。

グラデーションで刈り上げる

張りが気になる部分を刈り上げます。

ただし頭の丸みに沿って刈り上げてしまうと、ツーブロック とはいえトップとのつながりがハッキリしてしまうため奇抜な印象を与えてしまいます。

生え際から刈り上げて徐々に長くしていき、張りやすいハチ上までグラデーションで刈り上げます。

社会人男性の場合、刈り上げを柔らかく、だんだん長く残した刈り上げスタイルは、写真のような七三スタイルなら奇抜になりすぎず好印象になります。

直毛のツーブロックスタイルは乾かし方が肝心!

直毛の方に限らす、スタイリングにおいて最も肝心なのはワックスをつける前のドライヤーでしっかりと髪の毛の根元をくせづけることです。

特にサイド、ハチ回りは根元が浮き上がっている状態でワックスをつけて抑えようと思っても時間が経つとすぐに浮いてきてしまいます。

写真のように斜め上(だいたい45度)くらいの角度で斜め前に根元を潰すように乾かし、最後に冷風を当ててくせ付けします。

その状態にしてからしっかり潰すようにワックスをつけてみてください。

ちょっと一手間ですがコレをするだけでキープ力は格段に上がります。

直毛×ツーブロック〜まとめ〜

最後にもう一度直毛の方のツーブロックのもイントをまとめてみます!

  • 刈り上げる高さを低めにする
  • 刈り上げる高さを張ってしまう少し上まで刈り上げる
  • 上の毛を長く、重さを残す
  • グラデーションでだんだん長さが残るように刈り上げる
  • スタイリング剤をつける前にドライヤーで根元をしっかり潰す

髪質や生え方に合わせたカットでポイントを押さえ、一手間加えたスタイリングで収まりのいいシルエットを作ることができます。

ぜひ試してみてください。

カット(炭酸シャンプー付き) ¥7,700

メンテナンスカット ¥3,300

お悩みご相談はこちらまで!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 青山店

加藤 亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です