toggle
2020-07-02

白髪をしっかり染めたいメンズ必見!今更聞けないグレイカラー!

こんにちは!

青山にて美容師をやっております加藤亮平と申します!

30代後半から40代にかけて男性が気になり始める白髪問題。

自分ではそんなに気にしてなくても周りの人に指摘されたりすると気になってしいますよね。

白髪を染めると言っても明るさや色味ってどんな感じになるのかわからないって方も多いと思います。

そこて今回は、

  • しっかり染める方法とは?
  • 染め上がりのイメージ
  • どのくらいの周期で染めればいいか

についてお話しして言いたいと思います!

白髪染めは興味があるけど今更聞けない。。。

そんな方には是非お勧めです!

白髪を染めるグレイカラー とは?

グレイカラーとはいわゆる白髪染めのことです。

美容室によっては、

白髪染め=グレイカラー

一般的なおしゃれ染め=ファッションカラー

と表記しているところもあります。

ファッションカラーとの一番の違いは、グレイカラーはファッションカラーに比べブラウンの含有量が多いので一度のカラーリングで白髪をしっかり染めることができ色持ちがいいということがあります。

ただしその反面、極端に明るく染めたり鮮やかな色みは発色しづらかったり、時間が経つと赤茶色に褐色してくるという点も、、、

グレイカラー(白髪染め)に対するイメージ

白髪染めに対する男性が持つイメージをまとめてみました。

  • 真っ黒になりずぎるんじゃないか
  • 明るくなってしまうんじゃないか
  • 不自然な感じになってしまうんじゃないか
  • 頭皮や髪の毛が痛むんじゃないか
  • 一度染めたら次はいつ染めたらいいのか

グレイカラーについての男性がよく思っているイメージを一つずつ深掘りしていきましょう!

グレイカラー(白髪染め)の明るさと色味

普段僕が白髪染めに使っている薬剤を例にお話していきます!

僕が使っているのはMILBONさんの『オルディーブシーディル』

特徴としては白髪染めに多く含まれるブラウンを少なくし、グレイカラー 特有の赤みを抑えることでクリアな寒色系のグレイカラーが楽しめるというのが特徴です。

また、ブラウンが少ないことで退色した時の赤茶けた色みを抑えてくれることができます。

これはカラーチャートと言われるもので、明るさと色味の関係を表したものです。

左端の数字が大きいと明るく、小さいと暗くなっていて、一番上は色味になります。

色味と明るさの関係は反比例の関係にあって、明るさの数字が大きくなると色味が薄く明るく染まり、数字が小さくなると色味は濃く暗くなります。

一般的な白髪染めはの仕上がりの目安は以下の通りです

白髪は薄染まりになってもいいからちょっと明るさも欲しい・・・7トーン以上

しっかり白髪も染まり少し明るさも欲しい方・・・6トーン

自然な染め上がり(地毛のような雰囲気)にしたい場合・・・4〜5トーン

真っ黒、黒光りするイメージ(少し不自然)・・・3トーン

あとはどういう色味にしたいか、茶色っぽくしたい、マットっぽくしたい、アッシュっぽくしたい、それぞれで色みを決めていきます。

白髪染めは明るさと色味のコントロールで自然な感じにもちょっと不自然な感じにも仕上げることはできます。

グレイカラー(白髪染め)による頭皮と髪の毛への影響とは?

白髪染めは基本的に地肌につけてしっかり染めていくため頭皮や髪の毛への影響は避けることができません。

またグレイカラーはファッションカラーに比べて染料が多く入っているためより負担はかかってしまいます。

最近のカラー剤にはオーガニック系のもの頭皮に優しいものも多くありますが、僕が使っているオルディーブシーディルにも頭皮や髪の毛に優しい成分が入っており、ダメージを極力和らげるようにできています。

もし普段カラーが滲みやすい方、少し不安な方は頭皮に保護スプレーふったり、顔まわりに保護クリームを塗ることでダメージを刺激を軽減させることができます。

また頭皮や髪の毛へのダメージや刺激の元になるアルカリ成分を除去するためには炭酸泉を使った炭酸シャンプーがお勧めです。

炭酸シャンプーについてはこちらもご覧ください!

白髪染めはどの位の周期がいいのか?

結論から言うと1ヶ月半〜2ヶ月以内には染め直した方が委員ではないかなと思います。

白髪を染める一番の理由は『見た目が気になるから』、だと思うのですが、個人差はあれど髪の毛は1ヶ月に1センチ前後伸びると言われています。

どのくらい白髪が生えているかに関係なく根元2センチ前後に白髪が出ていると気になるんではないかなと思います。

もしくはお勤めの男性の場合はカットのタイミングで染めると言うのも一つの目安です。

カットもあまりにもそのままにしておくとだらしない印象に見えますし、白髪も同様根元が伸びすぎているとだらしなく見えてしまいます。

もし頭皮がかゆい、しみるなどの症状がある場合は無理をせず少し間を開けるか、病院で診てもらうなどの対策を取りましょう!

お悩みご相談はこちらまで!

東京都港区北青山3−5−9 KAZU表参道地下一階

GO TODAY SHAiRE SALON 地下一階

加藤 亮平

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です